店舗(事務所)の内装解体も可能でしょうか?

はい、もちろん可能です。

ハウス解体では、店舗を運営されている方やオフィスの移転などによる内装解体のご相談にも対応しております。

 

内装解体において、注意していただきたいのは、解体工事内容が確定しているかどうかです。

スケルトンでのご返却というのが一般的ですが、お話し合いによって例えば「トイレやエアコンは残す」などの条件もありえます。

よって、オーナーさんやビルの管理会社の方々とは返却方法や現状復帰工事についての注意点などをしっかり確認していただくことをお勧めします。

なぜならビルなどの場合、他のテナントさんや管理会社の都合によって、解体工事をする時間など制限される部分や配線、配管等の問題が生じる可能性があるからです。

 

なるべくなら、現場調査などの際にはオーナーさんやビル管理会社の方々にも立ち会ってもらい、解体工事に関係する細かい部分はハウス解体で確認する方法がスムーズに事が運ぶ事が多く、より正確なお見積りが可能です。

 

このように、解体工事範囲や内容を事前に確認していただくことによって、実際の工事に入ってからのトラブル(解体工事可能な時間帯やエレベーター等の使用など)を避けることができます。

また、すぐに入居者が見つかり、場合によってはそのままの状態で(居抜き)借りていただけることなどもあり、内装解体をする必要がなくなることもあります。

おすすめの記事