【費用事例】名古屋市守山区の店舗の内装解体【現状復旧】

代表 和田
こんにちは。【ハウス解体】代表の和田です。
今回は名古屋市守山区の店舗の内装解体をご紹介します。お店の移転にともなって賃貸物件を返却するために、現状復旧工事する運びとなりました。
ここではハウス解体で施工した現場風景をもとに、お庭の工事の注意点や、業者を見つけるポイントを解説します。ぜひ経験が豊富な業者を見つける情報に役立ててください

 

【費用事例】名古屋市守山区の飲食店の内装解体【現状復旧】

日頃お世話になっている建築屋さんからのご紹介で、名古屋市守山区の店舗の内装解体を行いました。

店舗移転のため、賃貸物件の返却による現状復旧工事です。

残す個所は特になく、すべて撤去(スケルトン)となります。

 

費用事例

作業日数 4日
店舗の内装解体【現状復旧】 45㎡ 50万円

 

【費用事例】名古屋市守山区の店舗の内装解体【現状復旧】
【費用事例】名古屋市守山区の店舗の内装解体【現状復旧】

 

お客様のご要望

賃貸物件を返却しなければいけないので、契約条件にあるように借りたときと同じように現状復旧工事をする必要があります。

 

店内は接骨院だったため、患者さんの待合スペースの椅子やテーブル、そして治療機器などはすべて撤去となります。

また今回の物件は、外壁や出入りドアなども借りた当初に作ったもののため、完全にスケルトン工事になります。

 

【費用事例】名古屋市守山区の店舗の内装解体【現状復旧】

店舗部分の外壁も撤去

【費用事例】名古屋市守山区の店舗の内装解体【現状復旧】

天井や床もすべて撤去

 

名古屋市瑞穂区の飲食店の内装解体/現状復旧工事

今回の内装解体は1階の店舗だったため、小さなマメユンボを入れました。

外壁からすべて撤去するので、まずは外部から少しずつ仕分けをしながら重機を室内へ入れました。

【費用事例】名古屋市守山区の店舗の内装解体【現状復旧】

重機を入れるために外壁を開口

【費用事例】名古屋市守山区の店舗の内装解体【現状復旧】

無事に室内へ乗り上げました

 

 

室内の内装解体は、まず間仕切り壁から解体していきます。

重機と手作業の併用で、廃材を仕分けしながら進めます。

【費用事例】名古屋市守山区の店舗の内装解体【現状復旧】

店舗内の造作物を解体

【費用事例】名古屋市守山区の店舗の内装解体【現状復旧】

店舗内の造作物を解体

 

間仕切り壁と、天井の石膏ボードを撤去しました。

天井や壁の下地材もすべて撤去し、最後に床を撤去します。

床を最初に中途半端に撤去してしまうと、手作業の解体時や仕分け作業時に足元が悪く、作業効率が悪くなるため、床は一番最後までなるべく残しておくと、現場がキレイに片付いていきます。

【費用事例】名古屋市守山区の店舗の内装解体【現状復旧】

 

床もキレイに撤去できました。

下地材もすべてキレイに撤去し、土間コンクリートのみ残して、無事に完工です。

【費用事例】名古屋市守山区の店舗の内装解体【現状復旧】

床や天井も撤去します

【費用事例】名古屋市守山区の店舗の内装解体【現状復旧】

床や天井も撤去します

 

【費用事例】名古屋市守山区の店舗の内装解体【現状復旧】

 

内装解体【現状復旧工事】は順調に4日間で完工です。

問題もなく、無事に終えることができました。

ありがとうございます!

【費用事例】名古屋市守山区の店舗の内装解体【現状復旧】

店舗の内装解体【完工】

【費用事例】名古屋市守山区の店舗の内装解体【現状復旧】

店舗の内装解体【完工】

 

【費用事例】名古屋市守山区の店舗の内装解体

作業日数 4日
店舗の内装解体【現状復旧】 45㎡ 50万円

内装解体【現状復旧】で注意するポイント

代表 和田
私たちは店舗や住居の内装解体工事だけでなく、その後の現状復旧工事にも対応しております。店舗の退去や内装解体は、是非ご相談ください。

 

慣れない工事の手配は、分からないことが多く、不安になると思います。

そこで、簡単なマニュアルを作りました。

これに沿って内装解体【現状復旧】工事を進めていけば、全体のやるべきことは見えてくるはずです。

 

他の費用事例をご紹介します【内装解体×現状復旧】

 

【ブロック塀の解体工事】と【目隠しフェンス設置工事】の費用や施工事例について、他にも似たような事例を3つご紹介します。

ぜひ参考にしてください。

【費用事例】名古屋市昭和区ブロック塀の解体工事とフェンス設置【補助金・助成金】

ブロック塀の解体とフェンス設置
ブロック解体(段数おとし)、一部補修、15m目隠しフェンス設置【36万円】『自宅の正面道路沿いブロック塀がヒビ割れが目立ち、傾きかけている』というご相談でした。通学路のため、ブロック塀の倒壊が起こらないよう、強度を改善したい。道路沿いのため【名古屋市の助成金・助成金】の手続きを行いました。

 

 

おすすめの記事