価格表

解体工事の費用の目安

解体工事単価表
分 類 金 額
木造住宅解体 25,000円/坪~
軽量鉄骨住宅解体 28,000円/坪~
鉄骨造(S造)住宅解体 30,000円/坪~
鉄筋コンクリート(RC)造解体 32,000円/坪~
内装・店舗解体 25,000円/坪~

解体工事の費用は、立地条件や近隣の状況である程度変わってきます。詳細は、直接ご相談下さい。

家周りの解体工事・撤去費用

※作業費+処分費+出張費込み
※最短で現調・見積り当日の作業も可能!

付帯解体工事 単価表
内 容 金 額 内 容 金 額
物置 30,000円~ ブロック塀 3,500円 ⁄ ㎡~
庭石 20,000円~ ウッドデッキ 50,000円~
庭木 30,000円~ ベランダ 50,000円~
門扉 50,000円~ バルコニー 50,000円~
テラス 50,000円~ ボイラー 30,000円~
雨どい 10,000円~ カーポート 40,000円~
流し台 30,000円~ フェンス 10,000円~
土間 30,000円~ 残地ゴミ 12,000円 ⁄ m3
トイレ 50,000円~ 車庫解体 40,000円~
風呂 80,000円~ 太陽パネル 50,000円~

家周りの撤去工事

見積書のチェックポイントお客様の声解体工事の費用事例集

追加料金がかかる場合

はじめに

ハウス解体では、お見積り時に『追加費用が発生する場合』事前説明します。
また解体工事中に追加費用が発生する状況になった場合は、速やかにご連絡と費用のご相談をし、ご了解を頂いた上でご請求することをお約束いたします。

解体工事中に古井戸や以前、土地の造成に携わった業者が廃材などを埋めて残した地中障害物が出てきた場合は撤去処理費用として料金が追加されます。

地中障害物、こればかりは解体して掘ってみないと分からないものなので、万一地中から障害物が出てきた場合は別途追加料金が必要です。

追加費用:残置ゴミ 追加費用:浄化槽 追加費用:二次基礎

また、お見積りは現場調査時の状況に基づいて作成致しますので、現場調査時には無かった処分品が増えていた場合も別途追加料金が必要となります。

追加料金がかかる場合の価格の目安
作業内容 種 類 金 額
浄化槽 FRP
(強化プラスチック)製
30,000~70,000円
RC
(コンクリート)製
50,000~250,000
特にRC製の場合、小さい土地などでも超大型(幅5m・長さ7m・深さ5m位)の浄化槽が出てくることがまれにあるのと、浄化槽と一緒にゴミなどが大量に埋められている場合があるため、料金の幅が大きくなっています。
追加費用事例

[事例1]は写真と同じものが3つあり、5万円の追加料金を頂きました。
[事例2]は深さ3m以上のものが3つあり、25万円の追加料金を頂きました。

不要品も引き取ります!

リフォーム、引越しなどによる不用品回収・粗大ごみの処理など、少量からお部屋丸ごとまで、多少に関わらず何なりとご相談ください。また、オフィス移転などによるパソコン廃棄処分から、不用品回収もいたします。
不用品回収・不用品処分の事ならなんでも対応いたします! まずはお気軽にご相談ください。お見積もりは無料です。

不要品処分 サービス内容一覧
不用品処分 リフォームで出た大量の重量物・解体を必要とする不用品や、大掃除などで出た古本、衣類、観葉植物、ゴミ全般などの家庭用品の処分もおまかせ下さい。
引越し処分 引越の際に発生する家庭用品から不用品まですべて迅速・丁寧に回収致します。
閉店・廃業処分 事務所移転に伴って発生する機密文書、パソコン、ホワイトボード、デスクなどのオフィス用品・OA機器の処分もいたします。パソコンなどの廃棄は指定処理場で物理的な破壊処理を経て徹底的に処分を行いますのでご安心ください。
ごみ部屋解決 ごみ部屋なんとかしたいけど、一人で片付けるのは大変。体が不自由なため片づけができない。空き家が廃屋状態に荒れている、など、そんなごみ部屋・廃屋でお困りの方は、秘密厳守で解決致します。
遺品整理 故人の生活用品等の遺品整理、不要なものの処分をご遺族に代わり、丁重におこないます。また、片付けと同時に除菌、脱臭、清掃も行います。
不要品回収プラン
プラン名 作業内容 基本料金
ライトプラン 少量のごみや粗大ごみの処分などを行います。 3,000円(運搬費用)+ 200円/kg
お部屋まるごとプラン 1部屋 作業員2名で、作業・運搬を行います。 2t車 1台
60,000円~

ご相談に応じて作業します
詳しくは、お電話またはお問い合わせフォームよりお問い合わせ願います。後ほどこちらからご連絡させていただきます。