愛知県豊田市

今回は愛知県豊田市の方からの、木造2階建て住宅の解体工事のご依頼です。

周囲に自然があふれる地域ではあるものの、近隣の家からはそれほど離れていないこともあり、「周囲に迷惑を掛けない様に、工事を急いで欲しい」とのことでした。

(画像 CIMG2570CIMG2569  )

 

今回の解体工事のポイント

今回の解体工事のポイントとしては、依頼主様からの「周囲に迷惑を掛け無い様にする」ことを最重要課題と捉えることとしました。そのため、手段としては重機の持つパフォーマンスを最大限に生かし、スピーディーに取り壊すこととしました。

尚、この現場は密集した地域では無かったので、重機やトラックなどの乗り入れは大丈夫と判断されました。

大型車両を乗り入れるためには十分なスペースが必要になります。

しかし、この現場では車両を置くスペースも十分にありました。

(画像 CIMG2568

 

木造住宅の解体工事の概要

最初は足場の養生シートです。

隣地境界部分にシートを取り付けます。

この地域の家はオープン外構を取り入れた住宅もありますので、敷地周囲には防塵対策など細心の注意を払わなくてはなりません。

(画像 IMG_5262

 

重機の登場です。

解体作業を「パワー」と「スピード」の面から考えるならば、解体作業には重機を使うのがベストです。

 

現場にもよりますが、住宅の解体の場合は重機を入れるにしても大型トレーラーで運ぶので、道路が狭いと入れることが出来ません。

しかし、この現場は道路の問題も無く、スムーズに入れることが出来ました。

(画像 DSCF1929

 

いよいよ重機を使って解体して行きます。

2階建て住宅の場合、現場によっては手で壊さなければならないのですが、この現場は重機が自由に使える周辺環境のため一気に作業を進めることが出来ました。

(画像 DSCF1916DSCF1905DSCF1912

 

重機を使うと解体作業が早く進みます。すぐに1階部分の解体作業に入りました。

(画像 IMG_5285IMG_5284

 

木造住宅とは言っても、基礎はコンクリートで造ってあります。

そのため、基礎の解体は作業が大変です。

 

さらに、建物の基礎コンクリートには補強のために鉄筋が入っています。

解体の時には、その部分までも壊さなければなりません。

しかし、ここで重機が登場すればまさに「100人力」です。

本来なら大変なコンクリートの解体工事もスピーディーに進みます。

(画像 IMG_5290IMG_5296

 

廃材をまとめて搬出します。

コンクリート基礎もバラバラになって搬出されました。

住宅の廃材は大量に出ますし重量もあります。

重機が使えてダンプの乗り入れが簡単に出来ると、搬出作業の効率も違って来ます。

(画像 IMG_5282IMG_5297

 

お客様の感想

「工事が非常にスムーズに進んだのが良かったと思います。街を歩いていると、しばしば解体工事を見かけることがありましたが、多くの場合は何日も掛かっていた様子でした。しかし、この家の場合、機械を多用出来るのはあったにしても、早く工事を終わらせることが出来て、しかも近隣に迷惑を掛けることも無く終えられたのが良かったです。」

とのお褒めの言葉を頂きました。

ありがとうございます!

おすすめの記事