油圧で作動する爪形の刃先で鉄筋コンクリートを噛み砕くアッタチメント(圧砕機)を油圧ショベルの先端に取り付け解体を行う工法。

振動や騒音が比較的少な いうえ、単独で3階程度の建物を解体でき、解体効率が良くコンクリート解体では最もスタンダードな工法であるが、粉塵の発生が多く多量の散水や頑固な作業 床が必要になるのがデメリットである。

おすすめの記事