標準貫入試験

地盤の力学的性状うぃ知るためにN値を求める現位置試験。

 

ボーリング用のロッドの先端に標準貫入試験用のサンプラーを取り付け、重さ635N(63.5kg)±5N(5kg)のハンマーを76±1cmの高さから自由落下させたうえで打撃を加え、30cmを打ち込むのに要する打撃回数が標準貫入試験のN値である。

また、サンプラーを取り出し試料(サンプル)とする。

工事の基礎知識

解体工事について

その他の撤去工事について

  • 【おすすめ】ブロック塀の解体業者の選び方【職人が解説します】
  • 【おすすめ】良い庭石の撤去業者を見つける方法【職人が解説】
  • 【重要】お庭を解体/作る【ポイントと業者の選び方】

 

 

おすすめの記事