建物を建築する際に建物の荷重に耐えられるようにする工事を地盤改良工事といいます。

軟弱地盤の上に家を建ててしまうと家が傾いたり、地域によっては液状化する恐れがあります。

最近では古家付きの土地を解体した後に、事前の地盤調査とその結果によって地盤改良を考えるというご相談が特に増えてきています。

おすすめの記事