刈谷市プレハブの解体工事

 

愛知県刈谷市の木造平屋の解体工事が完工しました。

 

最初のきっかけは、お世話になっている建築業者さんよりご紹介を頂き、お見積りさせて頂きました。

土地区画整理地区となっており、道路の拡幅に伴って、敷地内の平屋の解体工事を検討されていました。
来年には母屋の新築建て替えも予定に控えていらっしゃいましたが、取り急ぎプレハブ倉庫と平屋のみ先に解体工事を着工することに決定しました。

 

「もともと道幅が狭く、解体のやりづらい場所だから、どれくらいの解体費用がかかるかが全く分からない・・。」

というなかで、解体工事の範囲やお見積もりの内容、ご近隣への対応などご相談をさせて頂く中で、ハウス解体にお決めになられたようです。

 

取り壊しをする建物は敷地内に2つありました。

軽量鉄骨のプレハブ倉庫と木造瓦葺き平屋です。

 

どちらも建物が非常に老朽化しており、瓦降ろしの際には踏み抜きそうになるなど大変な面もありました。

また、道路幅が狭い場所だったので、廃棄物の搬出時のダンプの出入りなどにも非常に慎重に行いました。

 

最後まで近隣クレームなく、安全に解体作業ができました。

「きれいな更地にして頂き、ありがとうございます。新築建て替え時も、母屋の解体工事をぜひお願いします。」

とお客様もご満足のご様子でした。

 

ありがとうございます!

職人ブログはこちら

おすすめの記事