解体工事の追加料金がかかるのはどんなときですか?

解体した際に、地中から浄化槽や古井戸、また以前の悪質業者が埋めて残した廃材などの地中障害物が出てきた場合、その撤去費用として料金が追加されます。

 

見積もりには通常、「地中障害物処理費用は別途請求致します」と書かれています。

こればかりは解体し、掘ってみないと分からないものなので、万一地中から何かが出てきた場合に別途請求されるのは仕方ありません。

 

また、見積作成時点にはなかった処分品が増えていた場合も別途追加される場合があります。

ハウス解体では以上のような「追加料金がかかる可能性」についても事前にご説明します。

他の解体業者でも同様に見積もりが提出された際に確認しておきましょう。

おすすめの記事