長屋の切り離し解体をして、その後の補修は出来ますか?

長屋の切り離しを含む建物の解体の場合、分離と補強のための補修が必要になります。

ハウス解体では長屋の切り離し解体の実績と経験が豊富なため、基本的に甚大な強度不安がない限り、解体工事・補修工事は可能です。

 

また必要な場合は、長屋を切り離しした(分離した)際に建築士にしっかり判定をしてもらう事によって、切り離しによって今後生じるであろう不具合を回避する事ができます。

 

また、後々のトラブルを防ぐ為だけではなく、お隣にお住まいの方の生活も考慮し、解体工事に入る前には必ずお隣の方と話し合い、事前の承諾を出来れば書面でいただきましょう。

おすすめの記事