地域ごとに設置されている、行政が運営するごみ処理施設のこと。

 

家庭ごみであれば、クリーンセンターに直接持ち込んで引き取ってもらうことができます。

費用については無料か手数料程度で引取を行っている場合が ほとんどだが、産業廃棄物の受け入れは行っていない他、家庭ごみでも受け入れていないものもあるため各クリーンセンターのホームページで確認する必要があります。

 

解体に伴って処分すされる財道具や生活用品などは、解体業者に引き取ってもらうことも出来るが、粗大ごみや家庭ごみとして自治体に回収してもらう方が 安くなる場合がほとんどです。

解体前、家の中に残っている家財道具・生活用品などの残置物処理は、解体工事費用を底上げする要因になっているケースが多いので、リサイクル出来そうなものはリサイクルショップに持ち込み、ダメなものは自治体に回収してもらう、という手配を自ら行なうことが、環境にも優しく解体費用を抑えることに繋がります。

おすすめの記事