別名で、ミンチ解体ともいいます。

建設廃棄物を分別せずに、ショベルカーなどの重機で建物を一度に解体する方法のこと。

 

平成14年に建設リサイクル法が施工される前までは、ミンチ解体が主流でした。ミンチ解体は工期が短くて済む反面、建築資材廃棄物全てが混ざりあって、リサイクルが難しく、埋め立て処分をしているという問題がありました。

 

建設リサイクル法が施工されてからは、ミンチ解体は原則禁止となり違法行為として処罰されます。分別解体が義務づけられ、契約や届出、解体工事業登録制度が規定されました。特定建設資材に指定されている3品目(コンクリート、アスファルト、木くず)は、現場で分別しなくてはいけません。

おすすめの記事