宅地造成に伴うがけ崩れや土砂の流出を防止するための規制を定めた法律。

都道府県知事の許可を要する工事として、

  1. 切土で高さが2mを超えるがけを生じる造成
  2. 盛土で高さが1mを超えるがけを生じる造成
  3. 切土と盛土を合わせて高さが2mを超えるがけを生じる造成
  4. ①~③にかかわらず施工面積が500㎡を超える造成

などがある。

おすすめの記事