建設業界では公共工事などの入札時に、複数の業者が入札価格や落札者などについて前もって話し合うこと。

 

協定して請負入札に応じ、後で落札者から利益の分配を受けると、直接競争を制限してしまいます。

適正な金額での受注が阻害されるため罰せられます。

 

国や自治体が業者に支払うお金は、税金で賄われており、納税者である国民の利益を侵害するものとされます。刑法に談合罪があり独占禁止法によっても談合行為は禁じられています。

おすすめの記事