住んでいた人がいたはずの家が無人化し、無人の家が放置されている状況。

※日本全国の空き家数=820万戸、空き家率=13.5%(総住宅数6063万戸に対する比率、平成25年の総務省調査)

 

空き家の種類は下記の通りです。

(1)賃貸用の住宅

新築・中古を問わず、賃貸のために空家になっている住宅

 

(2)売却用の住宅

新築・中古を問わず、売却のために空家になっている住宅

 

(3)二次的住宅

別荘…週末や休暇時に避暑・避寒・保養などの目的で使用される住宅で、ふだんは人が住んでいない住宅

その他…ふだん住んでいる住宅とは別に、残業で遅くなったときに寝泊まりするなど、たまに寝泊まりしている人がいる住宅

 

(4)その他の住宅

上記以外の人が住んでいない住宅で、例えば、転勤・入院などのため居住世帯が長期にわたって不在の住宅や建て替えなどのために取り壊すことになっている住宅 など。

日本全国の空き家数は年々増加しています。2008年の空き家数は757万戸、空き家率は13.1%です。つまり8戸に1戸は空き家になっているのです

例えば自宅から駅まで歩いてみても空き家を簡単に見つけられると思います。

おすすめの記事