安定型産業廃棄物とは有害物質や有機物等が付着しておらず、雨水等にさらされてもほとんど変化しない事業活動に伴って生ずる産業廃棄物のこと。

安定5品目 (廃プラスチック類、ゴムくず、金属くず、ガラスくず・コンクリートくず・陶磁器くず、がれき類)、これらに準ずるものとして環境大臣が指定した品目のこ とで、現在、石綿溶融物が指定されている。安定型産業廃棄物は安定型最終処分場で最終処分を行う。

おすすめの記事